PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名作をどれだけ知っているか

新宿武蔵野館では「Ziggy Films '70」と称してクラッシック作品を
上映しています。

ziggy.jpg

私も先日、ハル・アシュビーの「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」を
観てきたのですが、映画を知らなかった私でも十分鑑賞に耐えれますね。
40年も前に公開された作品ですよ。
音楽が特に素晴らしい。

多額の宣伝費をかけないと客が入らない今の邦画に比べ、
クラッシック作品はチラシ程度の宣伝費しかかからない。
プリントも1,2本用意すれば十分ですしね。

勿論アメリカの権利元とは上映権を取得する交渉が必要ですが、
せいぜい100~200万円前後で話つくんじゃないかな。
昨年末にユーロスペースで再上映された名作「バクダットカフェ」
IMAGICAがオールライツ600万円で取得したと聞きました。
劇場興行だけで4,000万円近くいってるみたいだから相当稼いでる。
これからもまだまだ地方で稼ぎますよ。

東宝が1950年~70年の作品を中心に、「午前10時の映画祭」をやっているけど
これもクラッシックファンの掘り起こしに一役かっているようです。

この手の映画は増えますよ。
誰がどう考えても映画を新しく作るより効率がいいんだから。
あとは名作をどれだけ知っているかだな。
関連記事

| 映画・映像ビジネス | 07時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://mitanikazuo.blog24.fc2.com/tb.php/98-8ef0aa5c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。