PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅田百貨店戦争!映画館の再編は?

仕事で大阪にきていますが・・

梅田エリアの百貨店再編に伴う工事が着々と進んでいます。
新聞で見て知ってはいたものの実際に大工事を目のあたりにすると
再編スケールの大きさに驚きました。

地元の私からすると梅田で百貨店といえば、
「阪神、阪急、大丸」のイメージしかないですよ。
(うちの母親なんかはいつもこの3つを何度も往復して安い品を探していた)

さて気になるのは映画館の再編。
現在の梅田エリアにある映画館は・・・

TOHOシネマズ梅田(東宝)、梅田ピカデリー(松竹)、梅田ブルク7(Tジョイ)、
テアトル梅田(東京テアトル)、梅田ガーデンシネマ(角川)、
梅田シネリーブル(日活→東京テアトル)

まだ正式に発表されていませんが、三越伊勢丹の高層ビルには
12スクリーンのシネコンが入る計画があるらしい。
だとすると現在ある大手映画会社直系の劇場は清算される可能性が高いですね。
角川やテアトルが運営する単館もうまく(シネコンがやっていないような)番組を
編成できないと採算を確保し継続運営していくことは難しいかもしれません。

239434_c450.jpg
梅田の百貨店群 三越伊勢丹(左)、大丸(中)、阪急(右奥)

RIMG2133.jpg
2011年春に開業するJR大阪三越伊勢丹。28階建ての高層棟の地下2階-地上10階に
入り、売り場面積約5万平方メートル。同ビルにはシネコンが入るという話も・・

RIMG2188.jpg
阪急百貨店梅田本店は2011年の完成を目指し、売り場面積8万4000平方メートルに
建て替え工事中。大丸梅田店も同年に6万平方メートルに増床予定。


関連記事

| 映画・映像ビジネス | 13時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://mitanikazuo.blog24.fc2.com/tb.php/95-69109536

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。