PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

予算管理の成否は撮影前で8割方決まる

RIMG2106.jpg

ロケ半ば、大雨にあいましたが・・
撮影は屋内シーンばかりを組んでいたのでスケジュールが
遅れるようなことはありませんでした。

撮影期間中に予算が膨らむ原因は何か、毎回プロデューサーから
説明を受けて頭ではわかっているのですが、実際に現場を自分でもみて
確かめておきたいと思い(普段はあまりしないのですが)、
初日から最後までロケに加わりました。

私は以前勤めていた銀行で大銀行同士の合併を経験していて、
その際システム統合の案件管理に3年近く携わっておりました。
当時、銀行システムの統合としては、規模、難易度、社会的重要性など
どれをとっても世界一と言われた大掛かりなプロジェクトでしたが
今思えば低予算映画の管理でもやるべきことはなんら変わらないですね。
(失敗時の体力面を考えると映画のほうが断然厳しいけど)

重要なことは開発(映画で言えば撮影)が始まるまでに
どれだけ予算に即した精度の高い設計図(映画で言えば脚本)と
綿密なスケジュールを数多く用意することができるか、
予算管理の成否はここで8割方決まります。

勿論、今回のような天候の崩れや交通事故といった予算超過に
繋がる特殊要因も想定しておかなければなりませんが、
ただこれらは防ぎようがないものではなく、意識の持ち方次第で
最小限に抑えることは可能ですから。

それにしてもよく降る。
湿度90%というのが何よりきついです。
関連記事

| 映画・映像ビジネス | 06時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://mitanikazuo.blog24.fc2.com/tb.php/83-2eb6297f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。