PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画のプロとして今やるべきこと

震災による自粛ムードの中、プロ野球の開幕が決定しました。
「プロ」なら当たり前という感じがしますけどね。
野球までなくなってしまうと世の中ますます暗くなっていくだけですよ。
選手個々の事情はあるでしょうが、震災の被害に直接あった人のことを考えると
そんなこと言ってられないでしょう。

我々映画をやる人間も同じです。
「映画なんか作ってる場合じゃない」と言う人もいるでしょう。
でも我々は映画を観ていただくことで人々を感動させることが仕事です。
映画は人の生きかたを変える力がありますからね。

さて4月に開講する映画24区
俳優コースが山形県庄内地方で撮影する映画の脚本を公募したところ、
第1回目に関わらず46通の応募がありました!

RIMG0136.jpg

正直10通くらいかなと思っていたのでとても嬉しい誤算。
冨樫監督大前先生もテンションあがっています。

震災で延期になっているイベントは多いですが、
我々は映画をつくり続けますし、映画24区のワークショップも
予定通り開講しますよ!

今朝も庄内映画村宇生社長とメールでやりとりして
「こんな時だからこそ前向きに」という気持ちが強まりました。

東北の人達のことを思えばいつまでも自粛なんてしてられません。
プランシップ社員一同頑張ります。
関連記事

| 映画人育成 | 11時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。