PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画でなく映画館で地域再生を

来年4月から新しくスタートさせるワークショップ「映画24区」
1コースに「地域プロデューサー」というものがあります。

これは文字通り地域(街)をプロデュースすることを
実践していくものですが、その手段は「映画」ではなく、
「映画館の再生」にスポットをあてています。

私は基本的に「映画」というコンテンツをあまり信用していないんです。
映画を仕事にしている自分が「信用していない」と言うのも変な話なのですが
少なくとも映画で「街づくり」ができるとは考えていません。

確かにヒットした映画のロケ地は一時的に盛り上がりますが、
長く持続する例はほとんどありません。
それだけ「映画」は一過性の要素が強いものなんだと思います。

それに対し「映画館」は持続性の強いものです。
今でこそ都内も地方も廃れていく映画館は多いですが、
本来は「地域コミュニティーの場」として重要な役割を担っていた
はずですからね。

なので本気で地域再生・街づくりをやるのであれば
「映画」ではなく「映画館」をテコいれしていかないと
ダメだと考えています。

fg_kv_01.jpg↑映画24区会場「3331アーツ千代田」

地域プロデューサーコースではそういった話を映画監督や俳優の方々、
またカフェやデパートといった分野で街づくりに貢献している方々も
交えながら映画館による地域の再生にチャレンジしていきます。

おそらく映画界では初めての試みなので、今後どう展開されていくのか、
企画をしている我々でもわからない部分もあります。
ひょっとしたら今迄考えもしなかったビジネスアイデアが他業界から
でてくるかもしれない。。

経済産業省が主催するような
退屈な講座にはならないことだけは確実です。
関連記事

| 映画/地域プロデュース | 11時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。