FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画業界、12年前に比べて何が変わったか

10/18(月)に掲載したブログでは昨年の映画産業データをとりだして
「日本の映画業界は堅調に推移」していると書きました。

今回は1998年、私が大学を卒業した12年前のデータをとりだして
「何が変わってきたのか」を検証してみました。

先に結果を言ってしまうと「ほとんど変わっていない」
細部に目をやると注目するべき点はいくつかありますが
大局の部分ではほとんど変化がない。

1998年と2009年のデータを比較すると・・・

           <1998年>        <2009年>
◆興行収入    約1,935億円       約2,061億円   
◆入場者数    約1億5,300万人    約1億6,930万人
◆平均料金    約1,264円        約1,217円


上記は現在と過去の1時点ではありますが、12年を通してみても、
興行収入2,000億円、入場者数1億6,000万人をベースに
10%前後の増減を繰り返しているに過ぎません。


良く言えば堅調に推移、悪く言えば成長がないとなるでしょうか。
いずれにしろ、12年前に比べて表面的な変化はないということを
正確に捉えることが重要じゃないかと思っています。

では細部の何が変わってきたのか。
次回検証してみます。
関連記事

| 映画・映像ビジネス | 11時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。