PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

低コスト3D上映システムのお話

面白い記事があったのでそのまま流します。
先日のブログに記載した低コスト映画館実現も可能なような気がしてきた。

===================================
(以下WEBサイト「CNET JAPAN」より)


富士フイルムが今月9日、既存のフィルム映写機で3D映画が上映できるシステム
「Technicolor 3D」を発表した。
同日から代理店を通じて、同システムに必要な専用レンズ「3Dスプリットレンズ」
を提供している。

 Technicolor 3Dは、既存の映写機に3Dスプリットレンズを設置し、
シルバースクリーンに映写すると3D映画が上映できるシステム。
上映用フィルムの1コマが右目用と左目用に分けられており、専用メガネを通して
視聴すると3D映像が表示される仕組みだ。
米Technicolorが開発した3D上映システムで、すでに北米で260スクリーン、
欧州で80スクリーンに設置されている。北米では、「ヒックとドラゴン」や
「タイタンの戦い」などこれまで7作品が公開されている。

富士フイルムによると、全国約3400スクリーンのうちデジタル3D上映に対応している
劇場は約15%程度という。同社の関口伸永氏は、「話題の3D映画が次々と公開されると、
シネマコンプレックス(シネコン)ではスクリーン不足に直面する」と劇場の現状を説明した。

Technicolor 3Dは、デジタルプロジェクタやサーバなどが必要となるデジタル3D上映
システムに比べて、初期費用やトータルコストなどを低価格に抑えられるのが特長という。
100909fujifilm_hikaku.jpg


3Dスプリットレンズは、3年契約を前提に代理店を通じてレンタルされる。
レンタル方法は2つ。1つは、1スクリーンあたりレンタル料100万円、使用料が
1作品あたり12万円(年間6作品まで。7作品目以降は無料)。
もう1つは、レンタル料は無料だが年間6作品の上映を条件に1作品あたり20万円(同)。
100909fujifilm_kakaku.jpg

デジタル方式に比べて低価格で導入できる富士フイルムは今後1年間で
100スクリーンへの導入を目指すとしている。
なお東急レクリエーションとユナイテッド・シネマズが運営する劇場に導入が
決まっており、米映画制作・配給会社のDreamWorks Animation SKG.、
Universal Pictures、Paramount Pictures、Warner Bros.、
The Weinstein Companyらの作品が11月以降に公開される予定だ。
同社の増田清忠氏は今回のシステムについて、「劇場の1つの選択肢として提供したい」
と述べた。
関連記事

| 映画・映像ビジネス | 11時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。