2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソウルで韓国映画アカデミー(KAFA)を訪問

以前KOFICで働いていた知人を通してソウルの韓国映画アカデミー(KAFA)を
訪問し、インタビューや俳優や脚本家の育成について意見交換を行いました。

KAFAは1984年に韓国映画振興委員会(KOFIC)が設立した
映画人の育成機関です。「8月のクリスマス」のホ・ジノや「殺人の追憶」の
ポン・ジュノなど現在の韓国映画界を支えている優秀な人材を多く輩出しています。

RIMG0449.jpg

現在は5つの学科(演出、撮影、脚本、プロデューサー、アニメ)で構成されています。
受験者は大学で演劇の理論や実技、高度な映像技術を学んできた人が多く、
毎年各学科100人を超える応募があるそうです。定員枠はたった6名だからすごい競争率!
面接は2時間近くかけて行われ、映画に対する哲学や制作意欲などを徹底的に追求され
途中で泣き出す人も多いとか・・。KAFAは国のお金を投入してやっている事業ゆえに
民間企業や教育機関からも厳しく成果を求められているので中途半端なことは許されません。

現在映画24区でも実践しているように、2008年から商業映画の製作をカリキュラムに
導入しており、映画祭への出品や10,000人を超える劇場観客動員を目標にしている
とのこと。来年は創立30周年記念として釜山国際映画祭でも特別上映を予定している
ようです。今後映画24区で提供していくプログラムの参考にできる情報が多く、短い
滞在時間でしたがとても有意義なmeetingでした。
関連記事
スポンサーサイト

| 映画人育成 | 22時47分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。