2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南三陸町の小学生23人が修学旅行で映画製作に挑戦

先日、津波の被害にあった宮城県に行ってきました。
震災から5カ月以上が経ったとは言え、本格的な復興はまだまだこれからです。

さてこの街を訪れたのは南三陸町(旧歌津町)ある小さな小学校の6年生23名が
我々「映画24区」「庄内映画村」とで映画製作に挑戦することになったからです。
詳細ニュースはこちら

RIMG0747_R.jpg

全体の指揮をとるのは山形県出身の冨樫森監督。
まず9月に学校の授業時間の中で監督自らが「映画」の授業を行い、
そのあとでグループ分け、脚本づくりを行います。

9月末には庄内映画村でロケハンを兼ねた修学旅行をやって
10月の3連休で撮影、編集まで一気にやってしまいます。

さらに出来たばかりの作品は山形国際ドキュメンタリー映画祭
持っていって子供たち自らが発表することになったのでかなりの
強行プログラムですよ。大丈夫かな。。

「大人は型にはめて教えるのではなく、手出し、口出しをせず、見守る。
 子供たちの力を信じてとことん待つ」


これは監督はじめ、我々スタッフに課せられたルール。
以前から金沢で「こども映画教室」を実践されている土肥悦子さんから
教わったもので、作品の完成度を求めるのではなく、子供たちが
ゼロから産み出すということを一番大事にしています。

とても素晴らしい内容で私自身、この映画づくりから何を学ぶ、
何に気付かせてくれるのか、非常に楽しみにしています。
関連記事
スポンサーサイト

| 映画/地域プロデュース | 11時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。