| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

根岸季衣さんの写真展がものづくり学校で開催中

毎週スクーリング・パッドで通っている
IIDものづくり学校で根岸季衣さんの
素敵な写真展が開催されていました。

根岸さん、シネカノン作品では
「ゲロッパ」「さよなら、クロ」
「歓喜の歌」など数多くご一緒
させていただいています。




RIMG0079.jpgたいてい口煩いおばちゃん役が多い
せいか、展示場の入口に飾られた
横顔の写真にはドキっとしました。

写真家の千葉高弘さんは日本映画を
撮り続けているそうです。
スクパの俳優コースも覘きにきてくれ
ましたよ。来年は石橋蓮司さんだとか。
これまた楽しみです。


スポンサーサイト

| 映画・DVD・本の紹介 | 11時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食と農と大地/映画『アンダンテ ~稲の旋律~』

スクーリング・パッドでは舌鋒鋭い指導で人気の金田敬監督
今期は9月12日にゲストとして登場していただきます。

その監督の映画『アンダンテ ~稲の旋律~』をご紹介。
今年の2月にポレポレ東中野で公開されていたのですが、
好評につき先月アンコール上映されました。



今後は東北地方を中心に農業のさかんな栃木、群馬、新潟
での上映が決定しているようです。

食と農と大地そして人間再生をテーマにしたこの物語は
スクーリング・パッドレストラン学部農業学部のクルーの方々
にも観ていただけそう。ピアノがいいですよ。

| 映画・DVD・本の紹介 | 19時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東映と昆虫の関係

RIMG0014.jpg仕事で両国にきたついでに博物館を
覘いてみたら「大昆虫博」という企画が
催されていました。

主催のクレジットを見たら東映の名前が。
はて? 東映が何の関わりだろう?
と考えながら展示場を歩いていたら
バッタのオブジェを見てわかりました。

仮面ライダーです。
確かあれ昆虫でしたね。
東映の特撮やアニメ作品には昆虫モノが
結構あるんですよ。


RIMG0012.jpgそれにしてもすごい虫の数。
私、子供の頃は弟を連れていろいろな虫
を捕まえては家で飼っていました。
昔は百貨店やスーパーでも売って
ましたしね。

カブトムシ、クワガタ、カミキリムシ、
トンボ、セミ、スズムシ・・・
名前のわからないような虫は図鑑で
見つけて喜んで・・・懐かしい。


RIMG0021.jpg「虫とふれあい楽しむだけではない。
虫から学ぶ新しいスタイルの虫の展覧会」
というコンセプトを持ったこの企画は
とても新鮮でした。

ナビゲーターを勤める養老孟司さんの
コメントが興味深いです。
今度ロケで地方にいく機会があれば
虫や草木に注目してみようと思います。




| 映画・DVD・本の紹介 | 11時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8/26(木)是枝裕和最新作がNHK-BShiにて放映

文字色スクーリング・パッド映画俳優コースのゲストで
きていただいた是枝裕和監督の作品がNHKで放送されますので
ご案内させていただきます。

番組名 :怪しき文豪怪談「後の日」(出演:加瀬亮、中村ゆり)
放送日 :平成22年8月26日(木)夜10時~
デジタル衛星ハイビジョン(BShi)にて放送


koree.jpg

是枝監督の作品はスクーリング・パッドの課題で出されたものです。
>>セッションレポートはこちら

是枝監督以外にも3人の監督作品が日別で登場します。
出演されている役者さんも豪華なので必見ですよ。

8月23日(月)落合正幸監督(「パラサイト・イヴ」「シャッター」)
8月24日(火)塚本晋也監督(「鉄男」「悪夢探偵」)
8月25日(水)李相日監督(「フラガール」「悪人」)

あと番組違いますけど同じくNHK(BS2)で「太宰治短編小説集」ってのがあります。
9月27日(月)西川美和監督(「ディア・ドクター」「ゆれる」)

西川組は滝本監督が助監督でついてて、スクーリング・パッドの生徒も
出演していますよ。

それにしてもNHKは文学が相当好きだな。

| 映画・DVD・本の紹介 | 11時00分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

良質の映画に出演するということ

全然気づきませんでした。

新生スパイダーマンの主役が決定したアンドリュー・ガーフィールドって
シネカノンが2008年に公開した「BOYA」主演の子だったんですね。

この映画、買付当時は「意欲作」という業界内の評価はあったものの
キャストの力は弱く、興行もそれほど期待できない小さな作品でした。
購入金額も安かったはず。

内容は文句なしの作品ですよ。
ガーフィルドや共演のピーター・ミュランの演技が素晴らしい。

それにしてもスパイダーマンの主役に決定するとは驚いた。
映画俳優にとっては質の高い作品に出演することが大事だと改めて感じましたね。
みてる人はみてるということか。

BOY A [DVD]BOY A [DVD]
(2009/04/24)
アンドリュー・ガーフィールドピーター・ミュラン

商品詳細を見る

「僕はここにいても、いいの?」 このポスターがいいですよね。

| 映画・DVD・本の紹介 | 03時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。